人、車、自転車を数える理由

[都市の商業施設では]

今日のような熾烈な競争社会では、失敗はどのように判断されるのでしょうか。
ほんの僅か数パーセントのマージンやコ ストが、商業施設の明暗を明確に分かつポイントになります。
商業施設のそうしたちょっとした変化が、その成功、失敗を分かつ重要な岐路となり得るのです。
正確なシステムがなければ、僅か数パーセントの僅かな差異の変化も見逃してしまいます。
ショッピングセンター、モール、流通チェーンなどの大型施設では、基本となる客数情報を
正確に把握することにより、よりダイナミックなマーケティングが可能となる一方、
費用対効果測定によりコスト削減をはかり高度な情報管理が可能となります。

[エコ社会の実現に向けて]

都市化は経済の高度化が進む一方で近年、自然環境の悪化が懸念され、世界は自然環境
保護、「サスティナビリティ(持続可能性社会)」への意識が高まってきています。
また、こうしたキーワードをもとに地方の都市でも今一度地域の自然資源の見直し、こうした
コンテンツをもとに「まちおこし」、地域活性化さらには観光資源の充実、エコツーリズム
などの観光促進による地域活性化つなげていこうとしています。
こうした、資源の見直しをする前提となるものが、「現状はどうなのか」を十分に把握したうえで
施策の実行をおこなわなければなりません。

[カウントする理由]

都市計画
  • 自転車専用レーンや歩道橋などの試験的な計画や、都市での新しいインフラ投資計画が正しく行われるために、計画実施の前と後で実数をカウントし検証する
  • 都市インフラにおいて、サイクリストや歩行者の時間、天候、季節での利用パターンを理解する
  • 都市計画やインフラ整備のため将来の投資に役立つ傾向を検証するため
安全性の向上
  • ◇歩行者と自転車の交差する危険な場所での危険管理に
  • ◇歩行者と自転車の事故発生がおこりそうな場所を測定
コミュニケート
◇都市交通の脱自動車社会の交通インフラの価値を利害関係者に広報します
◇通りに設置したLEDEco-Totem表示板で、利用者にに直接サイクリスト(自転車利用者)数を知らせます
◇自転車の通行量をWebサイトに表示しサイトへの訪問者とコミュニケート
モニタリング
数都市では、街の実際の交通量をモニターするため計測カウンターをネットワークで張めぐらせています。
歩行者と自転車を連携させることで、永続的に一定期間測ることによって正確な観測ができ、歩行者と自転車のインフラを計画し管理できる。
ツーリズム
観光業界にとってカウンターは高価なものでしょう。その場所の活動や実情と人気によってその場所を分類でき、季節や天候の影響やイベントの効果を測ることができます。
安全(Salety):Eco-Signal
サイクリストにとって危険な場所で、ZELTループと警告灯を組み合わせることによりドライバーにサイクリストが近づいていることを気付かせ運転を用心することができる。
⇒自転車が通行していることを知らせる警告
⇒危険なトンネルや橋で安全を
長い橋はトンネルでは、Eco-Signalがサイクリストが現れたことをドライバーに警告し注意を喚起し安全運転を心掛けさせる。
コミュニケーションキャンペーン
自転車と歩行者をカウントするシステムは脱自動車交通社会の問題へのoutreachの基盤を提供し新しいインフラ投資を正当化するのに役立ちます。