V-COUNT

大型化、複合化する商業施設や公共施設では、競合が激化する一方の市場環境において、正確な来客数や利用者数を把握することが、マーケティング、施設の保安、設備管理においてもますます重要になっています。

弊社で提供するピープルカウンターは、人センシングのデファクトスタンダードとなっている3Dステレオビジョンにより、日照変動に営業されなず、入口天井部に簡単に設置できる高精度なピープルカウンターです。《V-COUNT》は、ショッピングモールや多店舗展開する流通業などのリテール業界に最適なシステムで、リテール分析データ等を集合的に管理しクラウドで閲覧できるリBI分析プラットホームとともに提供され、クラウドから多彩な集計結果が閲覧管理できます。

多店舗でのシステム構成例

V-COUNT 携帯ネットワークからIoTクラウドへ

特長

  • ステレオビジョンによる人センシングで98%以上の高精度ピープルカウンタの利用例
  • IN、OUTの2方向
  • 大人/子供の識別カウント
  • グループカウント
  • 設置高2.8-9m 高所への対応
  • PoE給電
  • IoTモバイルルーターで既存の設備とは別にデータ送信
  • データ自動同期
  • 拠点設置台数無限

 

製品の主な機能

V-COUNTはピープルカウントを中心に、インストアの様々なデータを収集し課題を解決するソリューションをBIプラットフォームで統合し提供します。V-COUNTの適用例

◆ピープルカウンタ
各フロア、通路、エレベータや階段などの人の流れの要所に複数台設置することで客数をカウントし、各ゾーンの滞留数、動線管理、買回りが把握できます

◆カメラヒートマップ
フィッシュアイレンズのカメラで店内の混雑度、ホットエリアを解析

◆待ち行列管理
レジ待ち行列を管理し、買物機会のロスを管理

◆Cloud BIプラットフォーム
集計管理はクラウドにより各店舗の状況を確認できます

仕様

V-COUNT仕様

V-COUNT Cloudプラットホーム

V-COUNTのシステムでは、多店舗の来客数のカウントデータの他に店舗内の混雑度を示すヒートマップなど他のデバイスから得られるリテール分析データ等を集合的に管理しクラウドで閲覧できるリテール業界、ショッピングモール業界に最適なBI分析プラットホーム”V-COUNT Cloud プラットホーム”とともに提供され、などのパソコンやスマホからどこからでも閲覧できます。V-COUNT Cloud

主な機能V-COUNT Cloud プラットホーム

  • 時間、日、週、月、年別にデータを閲覧、レポート
  • 様々なデータを店舗、設置場所毎に比較/対照           
  • PDF、Excel、JPEG等お望みのフォーマットでデータのレポートを配信
  • 天気情報、POS、スタッフ情報など外部データのアップロードが可能
  • E-mail告知システムで、人数カウント結果の概要を1日の最後に自動的にE-mailで受信設定
  • 携帯電話やタブレット等のスマート端末からいつでもどこでもアカウントにアクセス(iOSとAndroid)

V-COUNTレポート

オンライン自動診断による保守管理

V-COUNTはオンライン自動診断(OHC)で全てのデバイスが常にオンラインであるかをクラウド上でチェックしています。もしデバイスがデータ送信を停止しているようならばOHCシステムが弊社サポートチームにアラートで知らせ、チームが同日中にただちに遠隔から問題を解消します。

※製品の詳細や、導入に関するご質問・お問合せなどについては、『お問合せ』よりご連絡ください。