V-COUNT Cloudプラットホーム

全店舗データをクラウドで閲覧できるV-COUNT Cloud プラットホームで、トラフィック情報、リテール分析データ等にいつでもどこでもアクセスできます。

V-COUNTは、来店客数、利用者数をカウントする3D ALPHA+や、店舗内の混雑度を示すヒートマップ分析等のインストア用に独自開発したハードウェアを併用することで、人数計測データはもちろん、店舗内の購買行動の分析や、売上、天気等の情報を外部から取り込むことで、総合的店舗分析を提供します。このため全店舗の情報を共有でき、コンバージョン率、平均バスケットサイズおよび収益などの購買分析データにいつでもどこでもアクセスすることが可能です。

多店舗でのシステム構成例

V-COUNT 携帯ネットワークからIoTクラウドへ

V-COUNT Cloud プラットホームの機能

V-COUNT Cloudは、リテール、ショッピングモール、公共施設、アミューズメント等、各業界向けのサイトがご利用いただけ、以下の様な機能があります。

  • 時間、日、週、月、年別にデータを閲覧、レポート
  • 様々なデータを店舗、設置場所毎に比較/対照
  • PDF、Excel、JPEG等お望みのフォーマットでデータのレポートを配信
  • 天気情報、POS、スタッフ情報など外部データのアップロードが可能
  • E-mail告知システムで、人数カウント結果の概要を1日の最後に自動的にE-mailで受信設定
  • 携帯電話やタブレット等のスマート端末からいつでもどこでもアカウントにアクセス(iOSとAndroid)

オンライン自動診断による保守管理

V-COUNTはオンライン自動診断(OHC)で全てのデバイスが常にオンラインであるかをクラウド上でチェックしています。もしデバイスがデータ送信を停止しているようならばOHCシステムが弊社サポートチームにアラートで知らせ、チームが同日中にただちに遠隔から問題を解消します。

※製品の詳細や、導入に関するご質問・お問合せなどについては、『お問合せ』よりご連絡ください。



スラブ感圧センサ(アコースティックスラブ)

アコースティックスラブ

《アコースティックスラブ》は、公園などの自然環境で歩行者を正確にカウントする感圧マットセンサです。人が地中に埋めた感圧板スラブを踏むと、その微妙な重力の変化を感知します。また、タイマーが同じ人のステップのタイミングを判別し、重複カウントを防止します。広い通路では並列する歩行者の距離を区別して判定できるなど、精度±5%を維持しながら複数人の計測が可能です。

特長

  • 集団の人数を高精度(±5%)にカウントしますアコースティックスラブ
  • 完全に被覆され人目にはわかりません
  • 幅広い道路には数枚設置し、複数の人を分けてカウントします
  • スラブを2列に並べると歩行者の数だけでなく方向も検知できます
  • リチウム電池搭載で自立運転、大容量のデータ蓄積、防水IP68などによりメンテナンスの軽減が図れます

適用

スラブ感圧マットセンサ設置方法《アコースティックスラブ》は一度埋めたら完全に被覆され、自然の地面で目立たないよう設計されています。
浸食されやすい土地には、地面安定用に防護用ハニカム防護板をかぶせて設置することで露出を防止することができます。

アスファルトやブロックで舗装された道路でも、緩衝キットや浮かしスラブでセンサーの精度を維持したまま周囲に調和して目立たないよう設置が可能です。

仕様

  • バッテリー寿命:10年スラブ感圧マットセンサ
  • メモリー:21カ月
  • 完全防水IP68(防粉塵、水没に対し保護する完全密閉構造)
  • 感知重量:10Kg以上
  • 設定:感度とタイマーは出荷時設定済み
  • 寸法:60cm×50cm 80cm通路に1枚

パイロ赤外線感熱センサ(フィールド用)

PYRO_gaiyou_ECO_7039_1340015457052_schema_pyroパイロ赤外線感熱センサ(フィールド用)は、歩行者はもちろんサイクリスト、カヤッカー、スキーヤー、インラインスケーター、登山者など、自然環境や公園などで様々な利用者を多用途でカウントできます。

特長

PYRO_POST_FIELDS_ECO_7039_1317130071898_pyro植物の揺れや雨、太陽光、気温の変化に対応できるようアルゴリズム設計、屋外のハードな環境にも対応できるよう保護された一体型成型

  • 街地や登山道などアウトドアでも簡単に取り付けられます
  • 環境に合わせ目立たないように設置が可能です
  • 広い道幅(最大幅15mに対応)で人数をカウントするのに最適
  • IN、OUTの2方向の対応が可能(標準は1方向)
  • リチウム電池搭載で自立運転、大容量のデータ蓄積、完全防水IP68でメンテナンスを軽減できます
  • 精度 4M幅:エラー率±5%~8%以内(1000~2000人/1h)

適用

PYRO_sample2_ECO_7039_1340017682025_ski_fondPYRO_sample1_ECO_7039_1340017670651_kayak
  • スキー場でスキーヤーを
  • カヤッカー、サイクリスト
  • 自然公園
  • 登山の入山者

仕様

パイロ本体には収納形態により、パイロセンサ、パイロBox、擬木支柱等があります。

  • バッテリー寿命:10年
  • 温度:-20℃ ~ 50℃
  • 完全防水IP68
  • 人体と外気温:1℃の誤差を感知
  • 外寸:パイロBox 20×20×8cm

データ保存、データ伝送、電源供給はデータロガー《Eco-Combo》によって行われます。
データ閲覧は、インターネットを介してデータ管理サイト《Eco-Visio》で閲覧できます。
感度とタイマーは出荷時に設定済みです。

※保証する検知ゾーンの近くに車や動物などが入る場合検知されることがあります。こうした場合は、誤カウントを避けるため障壁等を設置することで解決できます。

データロガー《Eco-Combo》

パイロ赤外線感熱センサ(フィールド用)のデータ保存、データ伝送、電源供給はデータロガー《Eco-Combo》によって行われます。eco-combo《Eco-Combo》は、計測対象(自転車、歩行者、カヤッカー等)を識別できる画期的でフレキシブルな計測器で、様々な技術を用いたセンサーは、各々特定の移動手段に対応しており、ご要望に合わせてこれらのセンサーを組み合わせてシステムを構築します。
特長
・バッテリー駆動
・完全防水IP68

3D CITIX 屋外用トラフィックカウンタ ー人と自転車、自動車をカウント

政府が提唱する「超スマート社会」の実現に向け、地方公共団体はIoTなどの最新の技術やビッグデータを活用し、より一層の観光推進や地域おこし、都市交通など公共社会施策に取り組んでいます。そうした中、人や車を高精度に検知し動きを見える化する高度なセンシング機器が重要になっています。

3D CITIX トラフィックカウンタは、高度化したIoT技術をもとに、屋外の環境で歩行者、自転車や他の二輪車、自動車を分別しカウントするカウンタです。光学式広角センサーと独自のアルゴリズムにより、ビデオ解析よりさらに高精度なカウントが可能です。影や動物、スーツケースなどの誤カウントを除き、暗がりや強い日照変動、雪や雨などの悪天候下でも正確にカウントできます。

構造物の壁面や支柱(高さ5〜7m)に簡単に設置でき、広角な画角範囲に、複数本の計測ラインをもうけ人や自転車、自動車など異なるものを双方向で数えることができます。

 

 

特長

 

  • カウント・分類 ―歩行者 -二輪車 -自動車(乗用車・バス・トラック)
  • 広範な計測範囲・・・・幅広い道路などを計測可能 最大計測幅:20m人と自転車のみの場合 最大12m
  • 人混みでも高い精度(95%以上)
  • 暗闇・強い日照・雨・雪の環境下でも高精度
  • 既存の壁面、支柱(5m〜7m)に設置、電源は必要
  • 簡単設置 IP65 一体型デバイス 簡単なキャリブレーション
  • 画角内に計測対象を検知する位置(ライン)を複数設定可能
  • 方向の検知-計測対象を追跡し交通の流れと逆の通行(逆送)も検知可能
  • イーサネット、もしくは3G/4G回線のIoTモバイルルーター経由でデータ送信、保守
  • オンラインデータプラットフォームでリアルタイムデータを閲覧

適用

長期間に渡る来客者数ビジター情報を調査・収集 都市計画への投資を適正化するために、マーケティング

  • 市街地、公園等の屋外での人、自転車、車のカウント
  • 店舗前通行者と店舗への入店者計測
  • 観光地や市街地での通行量調査(4方向別等)
  • 自動車の逆送検知

仕様

 

機器仕様

  • 寸法法:1200(L)×205(W)×110mm(D)
  • 設置方法:既設の壁面または支柱(5〜7mの高さに設置)
  • IP:IP65
  • 重量:19.4kg
  • 電源:110-230VAC/12VDC
  • 温度:-40°C/+60°C

技術仕様

  • 設置高:5-7m
  • 計測幅:最大20m (人と自転車のみの場合12m)
  • 通信:Fi-Fi接続、3G/4G回線通信網接続またはイーサネット
  • 計測精度:>95%以上
  • データ送信間隔:ユーザー設定/タイムスタンプを含む
  • データ保存:12,000,000カウントまで、SSDドライブに保存
  • 画角:任意
  • 最低照度:>10lux

 

設置方法

5-7m 既設の支柱または壁面に設置 電源は必要

集計プラットフォーム

3G/4G回線モバイルルータ、イーサネットからクライド上のプラットフォームEco Visioにデータをリアルタイム送信、閲覧はクラウドプラットフォームEco Visioにアクセスにどこからでも閲覧できます。

3Dピープルカウンタ《V-COUNT 3D ALPHA+》

人数カウンタの利用場所イメージ

《V-COUNT》は、ピープルカウンターをはじめ、総合的リテール分析をBI(ビジネスインテリジェンス)プラットホームで提供します。

大型化、複合化する商業施設や公共施設では、競合が激化する一方の市場環境において、正確な来客数や利用者数を把握することが、マーケティング、施設の保安、設備管理においてもますます重要になっています。

ピープルカウンタ《V-COUNT 3D ALPHA+》は、ショッピングモールや多店舗展開する流通業などの商業施設はもちろん、図書館、博物館などの公共施設、エンターテインメント、スマートビルディングなどで高精度に来場者や滞留者を数える人数計測システムです。人数カウント技術として世界的な標準となっているステレオビジョンを採用し、日照変動に影響されない世界最高水準の98%以上の高精度を実現。出入口や通路の天井部にユニットを簡単に設置でき、モバイルネットワークを通じIoTでデータを収集保存。様々な場所からクラウドで多彩な集計結果が閲覧できるBIデータ分析プラットホームと合わせ提供します。

特長

  • ステレオビジョンによる人センシングで98%以上の高精度ピープルカウンタの利用例
  • IN、OUTの2方向
  • 大人/子供の識別カウント
  • グループカウント
  • 設置高2.8-9m 高所への対応
  • PoE給電
  • IoTモバイルルーターで既存の設備とは別にデータ送信
  • データ自動同期
  • 拠点設置台数無限

 

製品の主な機能

V-COUNTはピープルカウントを中心に、インストアの様々なデータを収集し課題を解決するソリューションをBIプラットフォームで統合し提供します。V-COUNTの適用例

◆ピープルカウンタ
各フロア、通路、エレベータや階段などの人の流れの要所に複数台設置することで客数をカウントし、各ゾーンの滞留数、動線管理、買回りが把握できます

◆カメラヒートマップ
フィッシュアイレンズのカメラで店内の混雑度、ホットエリアを解析

◆待ち行列管理
レジ待ち行列を管理し、買物機会のロスを管理

◆Cloud BIプラットフォーム
集計管理はクラウドにより各店舗の状況を確認できます
V-COUNT Cloudについてはこちら をご覧ください

集計ソフト機能

◆カウント機能

  • 撮像方向に対して上下方向(IN、OUT)方向にカウント
  • 設定高(計測最低身長)より上部通過画像を認識
  • 複数のユニットで店舗内全域、ゾーン別、ユニット別管理

◆リアルタイム表示

  • 入総数、出総数、滞留者数、平均滞留時間

◆レポートV-COUNTレポート

  • 日別レポート、週間レポート、2週間レポート(日別、時間帯別)、月間レポート(日別、時間帯別、曜日別)、年間レポート(月別)
  • ユニット毎、全ユニット、ゾーン毎、全ゾーン
  • 入数、入数+滞留数、入数+滞留数+出数および特定日との各比較
  • 総数表示グラフ、帳票、サイト別表示グラフ、帳票
  • 印刷、保存、CSV出力機能

設置方法

設置状況により以下の3つの方法が選択できます。
V-COUNT設置方法

  • 直付けタイプ
  • ステイ吊下げタイプ
  • 埋設タイプ

適用

◆マーケティング用途

  • マーケティング予測の基礎資料
  • リニューアルの効果測定
  • 入店率と売対比
  • イベント催事の効果測定

◆プロバティーマネジメント用途

  • テナントリーシングの資料
  • ソーン別の動線把握

◆保安・エネルギー管理用途

  • 人員の適正配置
  • 電力、空調などの制御

使用例

V-COUNT使用例

仕様

V-COUNT仕様

V-COUNT Cloudプラットホーム

V-COUNTは、トラフィック情報、リテール分析データ等、多彩な集計結果が様々な場所からクラウドで閲覧できるBIデータ分析プラットホームも提供しています。V-COUNT Cloud
V-COUNT Cloudについてはこちら をご覧ください
※製品の詳細や、導入に関するご質問・お問合せなどについては、『お問合せ』よりご連絡ください。