ゼルト車両カウンタ

道路で自動車を数える

電磁誘導ループセンサ技術を用い自動車等の車両検知を目的に特殊仕様として開発された商品です。道路および駐車場において、大型バスから小型車までほぼ全ての車輪をもつ車両がカウントできます。

特長

ゼルト車両カウンタのしくみ地中2~5cmの深さに埋め込んだ電磁誘導ループが自動車が通過する毎に車輪の電気信号を感知しカウント、記録します。2.5m幅でループ4つまで連結し使用できます。付属するバッテリーは単独で1年間使用可能です。大型バスから小型車までほぼ全ての車輪をもつ車両がカウントできます。

適用

ゼルト車両カウンタの設置例

適用範囲

  • アスファルトやダート道での自動車のカウント
  • 駐車場入口でのカウント

用途

  • 通行量の調査
  • 駐車場等の人員配置の適正化
  • 空車満車の管理、他

仕様

  • ゼルト車両カウンタの仕様組込型電磁誘導ループ:ダイヤモンド形状ループ 150×47cm(1システムに2ループまで接続可能)
  • 電気コンバータ:防水ケース収納 13×10×3cm
  • ロガー:Eco-Comboデータロガー使用(詳細は、パイロ赤外線感熱センサ(フィールド用)内データロガー《Eco-Combo》)参照)
  • バッテリー寿命:1年 リチウム電池 7.2V  17A/h
  • 温度:-40℃~+40℃
  • 重量:1kg
  • 寸法:Eco-Comboロガー収納キャビネット 30×30×20cm
  • タイマーと感度は出荷時初期設定済み