パイロ赤外線感熱センサ

設置や移設が簡単なパイロ赤外線感熱センサは、エコカウンタ社の商品シリーズの中で最もポピュラーな商品です。
レンズが人が通過するたびに人体から放出される赤外線熱を感知し検知します。狭い感知エリア内を2人が連なっていても分別しカウントします。
屋外で歩行者やサイクリストが行き交う共有道でカウントするのに優れています。
通行量の多い状況でも精度の高さは独立機関の調査でも実証されています。

特長

植物の揺れや雨、太陽光、気温の変化に対応できるようアルゴリズム設計、屋外のハードな環境にも対応できるよう保護された一体型成型

  • 街のどこにでも簡単に取り付けられます
  • 環境に合わせ目立たないように設置可能
  • 広い道幅(最大幅15mに対応)で人数をカウントするのに最適
  • IN、OUTの2方向対応可能(標準は1方向)
  • リチウム電池搭載で自立運転、大容量のデータ蓄積、完全防水IP68でメンテナンスを軽減できます
  • 精度 4M幅:エラー率±5%~8%以内(1000~2000人/1h)

適用

  • 観光地や市街地、ショッピングモールの屋外、アミューズメントパーク等で
  • 人や自転車に乗った人、スキーヤーなど
  • 雪に覆われた地面

仕様

収納形態によりパイロBoxとUrban Post、パイロセンサと擬木仕様の4種類設置タイプがあり標準は4m幅双方向計測、最大15m幅。両側計測タイプに拡張も可能で最大30m幅に対応可能

  • パッテリー寿命:約10年
  • 温度:-20℃ ~ 50℃
  • 完全防水IP68(防粉塵、水没に対し保護する完全密閉構造)
  • 人体と外気温の1℃の誤差を感知
  • 外寸:パイロ 20×20×8cm
  • 設定:感度とタイマーは出荷時設定済み

※計測範囲の外部で動くもの(車や動物など)を感知することがあります。こうした場所で誤カウントを避けるため障害物を置くなど対策を講じることで精度を確保することができます。

※メンテナンス  レンズ部にクモの巣、チューインガム等が付着しないよう注意し対策する必要があります